2013年12月31日

眼鏡やコンタクトレンズ

インターネットが普及し、毎日パソコンに向かっているという人も増えてきています。毎日長い時間パソコンの画面を見ていると近視になる可能性が高くなりますししまいます。近視の状態が悪化すると生活に支障をきたすようになり、眼鏡やコンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)が必要となってしまうでしょうが、視力の低下を改善させるためにレーシック手術を受ける方も増えてきています。

レーシックというレーシック手術の手段がありますねが、手術は怖い、リスクが高いであろうと手術を受けずにいる人もいるはずです。10年くらい前までは安全面などもあまり配慮されておらず、レーシックというレーシック手術にはリスクが伴いました。しかし、近年は安全面にもしっかりと気を配るようになっていますし、医療技術も格段に進歩していますので安心して手術を受けることが出来るようになりました。

視力が低下し、眼鏡を購入したりコンタクトレンズ(正しく使わないと、目のトラブルの要因になってしまいます)を使用したりするよりも、レーシック手術を受けて視力を回復させたほうがいいという人が増えています。スポーツ選手や芸能人の多くもレーシックというレーシック手術を受けています。入院せずに手術をして視力を回復させることが出来るので、忙しくて時間のない人でも手術を受けることが出来るのがレーシックの大きな魅力となっています。

レーシック手術には個人差が出ますので、回復度合いにも違いが出ますが、眼鏡などを利用するのと同じ程度の視力に回復すると考えられています。1,0前後視力が回復されると言われていますので、手術を受ければ眼鏡などは使用しなくてすむのです。イントラーレーシックというレーシック手術のほうがレーシックよりも視力回復率が高くなっています。視力低下が気になる方は一度相談をしてみてはどうでしょう。
posted by 視力回復の失敗 at 14:24| 視力回復

2012年05月08日

視力回復の失敗

視力回復失敗例を知って、レーシックなどの視力回復手術のデメリットも知ってください。

有名人が受けているから、メガネやコンタクトが面倒だから、そんな理由で軽率に視力回復手術を受けてしまうと、後悔してもしきれなくなるかもしれません。レーシックなどの視力回復手術は、一度受けてしまうと元に戻せないのです。

視力回復失敗例といったほどではなくても、手術後に極度のドライアイになってしまった、光などの刺激に敏感になったという話もよく聞きます。期待していたほど視力が回復しなかった上に、ドライアイになってしまった場合には、お金と時間を返してほしくなりますよね。ちなみに、レーシック手術での視力回復は実は視力矯正でしかありません。目がよくみえるようになったとしても、根本的治療ではないんです。

最近就寝時につけるだけのコンタクトレンズで視力が回復するとか、他の視力回復法も有名になってきました。医学の進歩で次の視力回復法が確立されても、レーシック手術を受けていたために使えない、なんてことになる可能性もあります。確かにレーシックが原因で失明した症例はないらしいですが、2009年の2月になって、レーシック手術後の感染症により、角膜移植が必要になるかもしれないという症例が出ています(つまり、失明の恐れがある)。

こういった例が示すようように、レーシック手術前の講習、機械の消毒・メンテナンス(整備や保守、点検や手入れなどのことをいいますね)も行わず、感染の報告も保健所行っていない病院で手術を受けるのは、後悔の元ですし、結果として視力回復どころではない失敗例になってしまうわけです。そこで提案したいのは任天堂DS等で有名な川村博士が提案する視力回復トレーニングです。手術と比べ費用は微々たるものですし、副作用等の心配もいりませんから試してみて損はありません。

評判とおり視力が回復すれば手術を受けなくて良かったと、心から喜べます。手術は成功しても不安がつきまとうのが辛いです。川村博士の視力回復へのアプローチだけでも参考になりますよ。チェックしてみてください。

⇒川村先生の視力回復トレーニングを確認
posted by 視力回復の失敗 at 17:59| 視力回復

視力回復手術

視力回復手術として、現在、一番主流になっているのが、レーシック手術だと思います。

レーシック手術は、一流スポーツ選手やハリウッドスター、芸能人などが受けたことで、視力回復手術として有名になりました。レーシック手術は、痛みが少なく、短時間ですむ事でも人気を集めているのです。視力回復手術としてよく知られているレーシック手術は、正式名称を「レーザー角膜屈折矯正手術」といい、いくつかの種類があります。

主なレーシック手術の種類は、レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ウェーブフロントレーシック、イントラウェーブフロントレーシック、クリーンルームレーシックですが、それぞれ特徴があり、乱視や近視の強さによっては、適応しない場合もあるので眼科医で詳しく説明してもらうのが吉です。

視力回復手術としては、レーシック手術の他にも
ラセック(LASEK)
フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)
PRK(屈折矯正手術)
RK手術(放射状角膜切開術)

といった手術もありますが、いずれも健康保険が適用されていない為、高額な手術費用で大抵は諦めざるをえませんね。視力回復手術をすれば、一生、視力が悪くならないというわけではなく、視力回復手術の種類によって、また視力が低下してしまうこともあるそうです。

視力回復手術を受けるときには、どの視力回復手術が最も自分に適しているか、よく見極める必要があるでしょう。視力回復手術を受ける病院も、手術費用に惑わされずにじっくりと選んだ方がいいです。また手術以外にも田中謹也氏や川村博士が提唱する視力回復トレーニングといった手法がありますのでそちらも検討してみるのが良いですね。ジニアスeye
posted by 視力回復の失敗 at 17:49| 視力回復

日本人の乱視

日本人の視力は、どんどん低下していっているといわれています。平成18年度に文部科学省が発表した調査では、視力が1.0未満の子供が、小学生では3割近く、中学生では5割以上にのぼっているそうです。日本人の視力低下の原因は、長時間のパソコンの使用やテレビ、ゲームなどの影響、ストレス、野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)不足やカロリーの摂りすぎなどがあげられるでしょう。

特に、子供の頃から長い時間ゲームをしていたり、パソコンを使っていると、視力が低下してしまいます。小型ゲーム機や携帯電話なんかも、日本人の視力低下(第二種運転免許の取得試験や更新の際には、三桿試験という名前の深視力検査が実施されます)の原因のひとつかもしれません。

日本人は視力が悪くなると、メガネをかけたり、コンタクトレンズを使えばいいと簡単に考えがちですが、危険が無い訳ではありません、強度の近視は網膜剥離といった合併症を生じる危険が高いですね。一度、視力が悪くなると、どんどん低下して言ってしまいますし、特別な努力をしない限りは、視力の回復はありえません。あまりにも視力が低下してしまった場合には、メガネやコンタクトレンズを使う以外の方法を検討する必要があるんです。

日本では、視力が低下してしまっては取れない資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)や就けない職業もありますから、そういった仕事を志すなら視力回復は急務でもありますね。メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要です。日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療なんかの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることが出来ません。
posted by 視力回復の失敗 at 17:31| 視力回復
あいうえお経済